*

ジャンプスターターがあれば、車のバッテリー上がりも即解決

ジャンプスターター

車のバッテリーが上がってしまった時の対処方法として、ジャンプスターターを使う方法があります。

ジャンプスターターを使うことによって、その場で一人でエンジンを再始動することが可能です。スムーズにいけば、5分もかからずにバッテリー上がりを解決してくれます。

車のバッテリー上がりで、ロードサービスを呼ぶ必要がなくなります。知人に連絡して、救援車を呼ぶ必要がなくなります。ジャンプスターターを持っていれば、バッテリー上がりに対処することができます。

ガソリン3500cc以下の普通乗用車であれば、スマホより一回り大きいサイズのジャンプスターターでエンジンを再始動することができます。

こちらはImazingジャンプスターターですが、安全装置が充実しており女性一人でも使用することができます。超コンパクトサイズなので、バッグやポーチに入ります。

ジャンプスターターは、スマホを充電することも可能です。つまり、モバイルバッテリーとしての役割も持っています。普段はモバイルバッテリーとして持ち歩くことで、実用的に使用することができます。

車のバッテリー上がりでロードサービスを呼んだ時の費用は12000円程度なので、ジャンプスターターの購入価格と変わりません。しかし、ジャンプスターターは「モバイルバッテリー」として使えるので費用効果はジャンプスターターが上です。

ロードサービスの待ち時間はその都度ですが、長い場合30分以上待つことになります。ジャンプスターターがあれば、すぐにでもバッテリー上がりに対応できるので、5分もあれば再走行が可能になります。

ジャンプスターターさえ持っていれば、バッテリー上がりになっても何も心配することはありません!


Imazing IM5はこちら

本当にエンジンがかかるの?

「ジャンプスターターを使えば、車のバッテリーが上がってもエンジンがかかります」という説明をしましたが、本当にエンジンがかかるのか不安ではありませんか?

そこで、ジャンプスターターを使った実験動画をご紹介します。

車のバッテリー上がりというのは、バッテリーがカラになった状態です。極論から言えば、バッテリーを外した状態ですよね。つまり、バッテリーを外した車が、ジャンプスターターでエンジンがかかるかという実験です。

動画をご覧いただいたように、バッテリーが無くてもエンジンはかかります。ジャンプスターターさえ持っていれば、エンジンを再始動することが可能なのです!

ジャンプスターターでエンジンがかかるか不安だった人も、この動画を観て安心していただけたと思います。

安物のジャンプスターターを購入して失敗した人も、Imazingジャンプスターターなら安心ですよ。これ以上ジャンプスターターで失敗しないように、Imazingジャンプスターターをおすすめします。


Imazing IM5はこちら